人気の高いメディプラスゲル|肌に合ったものを見つけよう

種類と配合量と効果

コスメティック

ビタミンc誘導体の種類には、水溶性、油溶性、両性の3種類があります。それぞれの代表的な成分を確認すると次のようになります。水溶性はリン酸アスコルビルNa、油溶性はテトラヘキシルデカン酸アスコルビルがあります。成分表で確認してこられの成分があれば水溶性か油溶性かがわかります。化粧品には化粧水、クリーム、美容液などがありますが、ビタミンc誘導体の種類に応じて使い分けられています。美容液や化粧水には水溶性と両性が、クリームには油溶性のビタミンc誘導体が使われます。ちなみに、両性とは水溶性と油溶性の両方の効果を持つものを言います。また、化粧水は肌に塗布すると肌に浸透しやすくなりますので、浸透力を高めたい人にはおすすめです。

ビタミンc誘導体の化粧品を選ぶときには、配合量にも注目することが大切です。成分表を見ると配合量の順番に書かれているので、容易にわかります。乾燥肌の人であれば濃度が高いと肌への強い刺激になってしまうので、配合量が少ないものを選ぶと良いです。敏感肌や肌トラブルを抱えている人も同様です。また、ビタミンc誘導体の効果が最も発揮される化粧品は美容液です。美容液は成分が凝縮されているので、効力が最も出ます。たとえば、アンチエイジング効果があります。活性酸素を除去する働きがありますので、肌のバリア機能を高めることも可能になります。そうして、肌の若返りをもたらします。もちろん、クリームや化粧水などの化粧品であっても効果は高いです。